MENU

取り立てに負けてしまう方も多い闇金への対応

闇金の被害はいつの時代にも存在するもので、今では数こそ減りましたがまだまだ闇金の被害に遭ってしまっている方がいます。多くは違法な取り立てや嫌がらせによるもので、借りた金額から考えて異常なほどのお金を請求されるなどがよく見られる闇金の被害内容です。

 

具体的にどのようなことをされるかは闇金や被害の状況によっても変わりますが、多いのは家族や会社への連日の連絡です。本人に電話をしてもお金が回収できないとなると、闇金はまずは連絡が取りやすい家族や会社の方々に連絡を入れます。

 

本来、家族であっても連帯保証人になっていなければ取り立てをしてはいけないのですが、もともとが違法な金利での貸し付けを行っている闇金からしてみれば関係ありません。お金さえ回収できれば誰が相手でもいいので、闇金は様々な方への電話による連絡を入れます。

 

それでもお金が回収できないとなると嫌がらせを行ってくる場合もあり、色々な面で私生活にも悪影響が出るようになってしまいます。

 

闇金の取り立てや嫌がらせの被害に耐えかねてどうにかしてお金を集めて闇金に支払ってしまう方もいますが、それは避けるべきです。闇金は取り立てを行えばお金が取れるとなれば、一度払ったはずでも繰り返し請求をしてきます。

 

こうなるとどんどんとお金が取られてしまうので、違法な闇金の取り立て被害に負けないためにも、弁護士や司法書士といった専門家の力を借りるようにしましょう。