MENU

借りれば逆に誰もが困ることとなる闇金の実態

借りすぎてしまって貸金業者から借りられない、過去の事故情報があってキャッシングの利用ができないなどお金に困っても借りられない方も少なくありません。家族や親戚に頼るわけにもいかず、お金がなくて困ってしまい、どうにかしなければと闇金から借りてしまう方もいるほどです。

 

闇金はお金が無くて困ったから利用をしてしまうものですが、実際には闇金で借りたことによって更に困ってしまうものです。正規業者と比べて遥かに高い金利での貸し付けとなるため、とても払えるような返済金額ではなくなってしまいます。

 

そのため、とりあえずと利息分だけの支払いをして一旦は返済期日を先送りにしますが、結局は次の返済日も利息分だけの支払いがやっとでいつまで経っても闇金の借金返済が終わらなくなってしまうのです。

 

そうこうしているうちに手元のお金もなくなってきて、闇金への利息の支払いすらもできなくなることがあります。そうなると他の闇金から闇金の支払いのための借金を行い、闇金の借金でお金を回すこととなります。

 

こうなるともはやどこからいくら借りているのか、いつになったら借金が終わるのか分からなくなってしまい、冷静に考えるととても払えないような請求額になっていると気付きます。そのうちに新たな闇金の借り入れもできなくなってしまうので、いよいよ闇金による取り立ての日々となるのです。

 

闇金は一度でも利用をしてしまうと抜け出せなくなるので、絶対に借りたいのが基本です。それでも借りてしまっている方は、取り立てによる被害を受ける前に闇金融の借金返済相談を専門家のもとで行っておくと安心です。