MENU

事故における慰謝料請求の示談交渉も任せられる

交通事故に遭ったことがある方はそう多くはないと思えますが、実際には日々多くの人が被害に遭う人身事故は発生しています。特に交通事故が多い愛知県などにおいては、1日平均で数十件もの人身事故が発生しているので、いつ自身が被害に遭うかは分かりません。

 

安全にルールを守って道路を使っているとしても、交通事故の被害を完全になくすことはできません。例えば車を運転しているときでも、信号待ちでの停車中に後ろからの居眠り運転やわき見運転で追突をされてしまう可能性はゼロではありません。

 

どれだけ自身が気をつけていても被害に遭う可能性があるのが交通事故で、交通事故の被害者となってしまった際にはどのようなことをすべきを知っておくことも、交通事故に対する備えともいえるでしょう。

 

一般的に交通事故に遭ってしまうと、相手の保険会社と示談を進めることとなります。怪我の治療費の請求はもちろん、物が壊れていれば修理費用を請求し、さらには慰謝料の金額も決めます。交通事故が原因の怪我で今後の生活に影響を与えるようなことがあれば、慰謝料の金額も大きくなります。

 

しかし、保険会社は慰謝料の支払いはなるべくなら少なくしたいので、示談で提示する慰謝料金額は少なくしてきます。そのまま保険会社の言いなりになって慰謝料を決めてしまうと、本来得られたはずの金額よりも遥かに少なくなってしまう可能性があります。

 

怪我の治療費とは異なり、慰謝料はどれだけ獲得ができるのかが被害者側にはわかりづらいので、納得のいく金額で慰謝料を獲得したいなら交通事故に遭ってしまったときに書かれているように、弁護士への相談をしておくと良いでしょう。