MENU

キャッシング返済の悩みを抱える方はまだまだ多い

グレーゾーン金利が無くなり、消費者金融などからのキャッシングの上限金利が低くなって数年が経ちましたが、それでもいまだにキャッシングの返済で悩んでいる方は多いです。

 

借りすぎてしまって返済ができなくなった、返済のために借り入れを繰り返していたらとても払える金額の借金ではなくなっていたなどです。

 

今では総量規制によって借り入れは年収の3分の1までとなっていますが、それでもギリギリ目一杯まで借りれば返済は負担になります。その他の出費や生活レベルによっては年収の3分の1近くまで借りると返済ができなくなる可能性があり、正規消費者金融の低くなった上限金利であっても債務整理を検討しなければならない状態にもなり得ます。

 

債務整理にも様々な手続きがあり、毎月の定期的な収入があってまだ何とか払えるような金額の借金であれば、多くは任意整理による借金解決を行います。収入がない、または収入があっても借金が多すぎる場合には自己破産と、個人個人にあった方法で債務整理が行われます。

 

行われるとは言ってもそれはあくまで弁護士などに依頼をした場合であり、自分一人で債務整理を進めるのであれば自身でどの方法にするかを決めることとなります。ただ、自分一人では最適な債務整理は判断しづらいので、やはりスムーズな解決を目指すならキャッシングの返済ができないと弁護士などの専門家に相談をしておくべきです。

 

しっかりと相談をして債務整理の依頼を行えば、依頼者側は特に面倒なことなく解決まで進められるので安心なのです。